幸太郎仏壇

黒塗りと梨地塗りの調和が醸し出す華やかで上品な塗分仏壇。

 黒、欅色、赤溜、梨地、金と多くの色のコントラストで、金仏壇の豪華さとは違う華やかさを表現しています。

 特に内扉を梨地塗りにする事により、金仏壇にはない、落ちついた輝きを生み出しています。また、お手入れも手軽に出来るように、金箔を押す場所も吟味した新しい仏壇です。

 社長が塗りの奥深さに吸い込まれ到達した塗分仏壇「裕太郎」。こんなにたくさんの色使いであれば、くどすぎると思われがちですが、想像をはるかに超えた上品な仏壇が完成しました。まさに職人技が醸し出す色の芸術。

透かし金具

透かし金具

職人技の豪華透かし金具

金具師の仕事へ