白木師

木を極め、昌栄仏壇の基礎を形づくる。

 山形仏壇が生まれた背景のひとつに、木工材料に適した、スギ、マツ、ホオノキ、ケヤキなどの木材資源が豊富だった点が挙げられる。

 現在はヒバなどが主流となっているが、いずれの木材にせよ、乾燥させ、適材を適所に配する見極めが、重要なポイントとなる。その、仏壇づくりの原点ともいえる木地づくりを担うのが白木師さんである。

 当社の社長が自ら図面を引いて、白木師さんと打ち合わせを重ねる。当社の持つイメージを理解してもらい、経験を活かして手直しもしながらより良い木地をつくる。

 木地工程は仏壇作りの基本であり、白木師さんには常に安定した技術が求められる。

木地