設計

社長自ら図面を引く、本物へのこだわり。

 昌栄の仏壇に責任と誇りを持つために、一品一品に魂を込めるために、そのこだわりから社長自ら図面を引きます。

 ご先祖様と語らい、思う心を大切にした本物の仏壇をお客様にお届けしたいという思いを共有するために、決して職人任せにはしません。

 口では言い表しようがない微妙なラインや彫り、さらには宮殿や金具のデザインの意味を全ての職人に確実に伝えるために、図面を元に納得いくまで意見を交換します。

 一つの仏壇が出来上がるまでには、多くの職人の匠の技と経験が注ぎ込まれ、流れ作業にはない真心こもったお仏壇が形作られます。

 こうして出来上がったお仏壇は、当社にとって一品一品に思い入れがあり、完成したお仏壇を前にいつも感慨深いものがあります。

図面