ご案内

昌栄オリジナルデザイン「大天香炉」完成。
山形鋳物の技術が生きる、風格ある香炉を御本堂に。

平成27年9月4日

日本の伝統的工芸品でもある山形鋳物の技術を活かし、昌栄オリジナルデザインの大天香炉を造り上げました。社長自ら納得するまで試行錯誤した、風格あるオリジナルデザインは、御本堂に映えます。

既に、地元山形県、宮城県、秋田県に納品させていただました。
今現在1台ございます。御覧になりたいお客様は、是非御来店ください。お手数ですが御来店の際は御一報くださいませ。

 

昌栄オリジナルデザイン「大天香炉」

三尺間用金仏壇、只今制作中

平成23年12月6日

現在製作中の仏壇。白木の各パーツが完成した状態です。
三尺間用の金仏壇に仕上がることとなります。

塗りの仕様、金具の仕様、箔押しの仕様等々、多くの職人の技術がさらにこの白木に加えられ完成します。白木の状態からも分かるように、胴長タイプですので扉を開いた瞬間に予想以上の荘厳さが広がるよう、全体のバランスを考慮しています。
須弥壇脇のケゴミは、円窓に牡丹唐獅子彫。

山形仏壇の中にも昌栄独特の感性があります。完成までしばらくお待ち下さい。

三尺間用金仏壇、只今制作中

塗り替え、修復お仏壇遂に完成

平成21年6月2日

塗り替え、修復しておりましたお仏壇が遂に完成し、お客様の仏間に無事御安置出来ました。見違えるほどきれいに完成したお仏壇を前に、驚きと感動。お客様、御入仏にみえられた和尚様にもお褒めの言葉を頂戴致しました。木地調整から箔押し仕組みまで長い工程までの間、何人もの昌栄の職人の技と心を受け完成。一人でも手を抜けば、完成した時の出来映えに影響します。最後の工程である箔押しは、塗りの滑らかさが決めてとなり均一な金箔の輝きが息を飲むほど美しい仕上がりとなります。修復作業は、御先祖様の思いや今までの出来事など様々な想いが、よみがえり尚一層大切にしていかなければという思いにつながっていきます。(写真撮影がへたですみません)

塗り換え仏壇完成

古仏壇を塗り替えします。江戸時代の歴史あるお仏壇。どのように生まれ変わるかご期待ください。

平成20年12月23日

はじめに仏壇を解体します。解体した後によごれ落としを行います。木地,彫刻の調整をして塗りへと作業が移ります。金具の調整も事前にしておきます。

このたびのお仏壇の修理は、江戸時代のもので、京型の仏壇です。松尾芭蕉が尾花沢に宿泊し、山寺に参拝する際、道案内をした方の子孫で、中に仏舎利塔が安置されている歴史あるお仏壇です。

以前、一度塗り替え作業をしたらしいが良い仕事をしておらず、金具においては大きめの金具から小さい金具に変えられていたため、このたび金具もの大きい仏壇にあった良いものにする箇所も多々ある。

 

古仏壇

平成20年は、12年に一度の最上三十三観音子年連合御開帳の年です。

平成20年6月14日

様々なストレスで心身ともに疲れがちな昨今、信仰心を高め、亡き人を供養する霊場めぐりは、己自身を見つめ直し、救済を見いだすための旅としても意義深いものがあります。
略式の巡礼装束でお気軽に巡るのも結構ですが、12年に一度、ご本尊にお会い出来る御開帳の年に、巡礼衣をつけて心身ともに清らかになりたいとお考えの方は、どうぞお気軽に御申し付けください。

巡礼用具

お盆感謝祭開催中!
盆提灯等のお盆用品がお買い得です。

平成20年6月24日

当社では、お盆用品を多数取り揃えております。ご先祖様をお迎えするために是非盆提灯を御準備していただきたいものです。盆提灯に限らず、い草座布団御念珠、お線香、ろうそくも感謝価格にて販売いたします。是非この機会に、古くなって気になっていた仏具の買い替えもおすすめいたします。充実した品揃えで皆様をお待ち申し上げます。

(参考価格 写真の提灯 銘木紫檀79,550円のところ55,500円にて販売いたしております。)

提灯

昌栄オリジナルのお線香『昌龍』、大変ご好評いただいております。

平成20年6月13日

煙が少なく、灰も飛びにくいよう、昌栄オリジナルで開発したお線香です。箱のデザインも弊社スタッフがMac&Illustratorで作りました(かなり苦労しました(^O^;)汗)。
内容量もたっぷりで、とてもお得になっております。

昌龍

▲ページトップへ