四天王《白木一尺》

須弥山世界の守り神、四天王。

四天王

してんのう

仏教世界の縮図として、須弥壇の四方、密教団の四方を守護するなど、多方面において取り入れられている。もともと仏教本来の神ではなく、その表現に特に規制がなかっただけに、時代背景などにより持ち物が違うことがある。

持国天

▲持国天

増長天

▲増長天

廣目天

▲廣目天

多聞天

▲多聞天

・身丈約31cm ・総高(台共)約59cm ・台巾約28cm ・台奥行約19cm